漢字を伝える時の言葉辞典

検索
五十音
電話口で自分の名前などの漢字を伝えなきゃいけない時、どう説明すれば良いのかをまとめてみました。
いろんな伝え方の中でみんなが「伝わる」と思ったものをランキング投票で決定!
みなさんの思う伝え方をどんどん登録してみて下さい。

【新たに追加された伝え方】
[読み]さき
「やまざき」で変換すると出てくる山かんむりの「さき」

[読み]
明瞭快活のりょう

[読み]
次男、次女の次

[読み]
八戸の戸

[読み]
令和の和

[読み]かす
酒粕のかす

[読み]じゅん
稲川淳二の淳

[読み]
雨傘の傘

[読み]
餃子のざ

[読み]いん
韻を踏むの韻

>>もっと見る
【伝え方がまだ未登録の漢字】
[読み]さつき

[読み]

[読み]

[読み]

[読み]

[読み]やぶ

[読み]シュウ

[読み]

[読み]

[読み]

[読み]

[読み]らい

[読み]

[読み]

【数多く検索された漢字】
[読み]たに、や
やまたにのたに

[読み]とう、ふじ
藤の花の藤

[読み]でん、た
田んぼの田

[読み]、こ
子供の子

[読み]りゅう、たか
法隆寺のりゅう

[読み]ろう
桃太郎、金太郎の郎

[読み]ひこ、げん
彦根の彦

[読み]やま、さん
やま

[読み]ゆう、ゆた(か)
余裕の裕

[読み]あつ、とん
福井県の敦賀市のつる

>>もっと見る










[PR]あなたが選ぶサッカー日本代表メンバー
Copyright (C) 2009 漢字を伝える時の言葉辞典. All Rights Reserved.
スマホ用サイト